日本大学生産工学部 土木工学科日本大学生産工学部 土木工学科

ドボクとは?

土木工学とは?

土木工学とは人々が快適に、豊かに生活し、社会活動を円滑に行うために必要な施設を整備する、私たちの生活に最も密着した工学です。 取り扱う範囲には道路、河川、上・下水道、港湾、交通、エネルギーなどの施設があり、これらの計画、設計、施工、維持、管理の実務を幅広くカバーします。
地球規模で進む環境汚染への対応、増大するエネルギー需要への対策、地震・洪水などによる自然災害の防護策、激増する通信情報伝達のための施設の建設など、人間活動の発展に伴う課題が次々に生まれ、いまも新しい土木技術が求められています。
生産工学部土木工学科は、これらに加えて人間には当然のこと、すべての生物にやさしい環境を護り続けることや、高齢化に対応する福祉や都市施設の創作にも知恵を注入しています。これら必要性に応えるため本学科には、「環境・都市コース」「マネジメントコース」の2つのコースを設置して、地球の保護と社会の反映を視野に入れながら、自らが課題を探求し、新しい技術を開発できる創造性豊かな土木技術者を育てています。

主任教授からのメッセージ

たくましい土木技術者を目指して!

土木業界は、いわゆる「3K」(きつい、汚い、危険)業界と言われてきました。そのような不名誉なイメージがあるため、土木関連の学科への入学希望者が少なくなった時期がありました。しかし、毎年のように発生する自然災害による被害を軽減させるためには土木のチカラが必要であるとの認識が社会に浸透し始め、近年は土木工学科を希望する人が徐々に増えてきています。
2020年のオリンピック・パラリンピックが終わった後は景気が悪くなり、就職は今より困難になるという予測があります。しかし、現在の日本における橋、上下水道、ダム等のインフラ整備の老朽化は著しく、また、土木・建設関係の技術者不足と高齢化も指摘されています。社会が求める土木技術者のニーズは高いものがあります。そのような状況の中、土木分野でもICTを導入したi-Constructionの取り組みが本格的に始まっています。AIなども取り入れて、現場での生産性の向上と共に「新3K」(給料、休日、希望)の確立に向けて土木業界は着実に進歩しています。
生産工学部土木工学科に入学される皆様はどのような希望を持っているのでしょうか。土木工学科では、土木工学の知識はもとより、社会人基礎力の涵養につながる様々なプログラムを用意しています。そして、日々進歩している土木業界に、たくましい土木技術者、新進気鋭の土木技術者を社会に送り出すことが我々の義務であると考えています。
これからの社会に必要不可欠な土木技術者となるため、土木工学科で基礎的・専門的な学問の勉強に励みましょう。さらに、大学院での研究生活を通じて、課題解決能力を高め、より良い世界を構築できるような社会人に成長しましょう。

土木工学科 主任 小田 晃

土木工学科の歩み

日本大学生産工学部は1952年に工学部(現理工学部)工業経営学科として創設され、2012年に創設60周年を迎えました。
創設当時は戦後の復興期にあたり、工業立国のために、「経営能力を兼ね備えた技術者の養成」を目指した教育を 創設理念として発足しました。
その後、1965年に第一工学部土木工学科、1966年に生産工学部土木工学科へと発展し、現在に至っています。
この間、生産工学部創設の理念を固守しながら「日大土木」の一翼を担い、これまでに1万1千人余名の卒業生を実業界、 官界、政界、学会などの幅広い分野に送り出し、それぞれが活躍しています。

土木工学のフィールド

トンネル 穴を掘るところから開通まで、さまざまな工程を要します。それらを円滑に進めるには、土木の知識と技術が欠かせません。
道路 災害対策を含めた維持・管理・修繕、新築および改築などで、土木の知識と技術が必要となります。
国内では建設から50年以上経過したものが多く、メンテナンスの必要性が高まっています。そこに寄与するのが土木です。
地下鉄 計画・設計、線路・ホームの増設やエレベーターなどの設置に伴う改良工事まで、土木が関連しています。
鉄道 鉄道の安全性を向上するために、線路、駅付近の工区の設計・施工管理を行います。沿線の活性化などにも貢献します。
高速道路 高速道路の建設や維持管理は土木技術者の仕事です。より便利な道路を実現するため、自治体や企業とも協議します。
共同溝 電気、電話、水道、ガスといったライフラインを地下に埋設するための設備です。道路をより有効に活用できます。
上・下水道 おいしい水の供給、洪水防御、水環境保全による、快適なまちづくりに貢献します。
河川 洪水を防ぐ働きを維持しながら、生き物が住みやすい環境を実現する川づくりに土木がかかわっています。
堤防 水を氾濫させないための土木構造物が堤防です。洪水や地震に強く、海や川に親しみやすい堤防を実現します。
防波堤 波をせき止めて港湾の内部を安静に保ち、海岸の浸食を過ぎます。津波の高さを減らす防波堤の研究も進んでいます。
空港 滑走路、構内道路、進入灯橋梁、貯水槽など、地上・地下にあるさまざまな土木施設が空港の機能を支えています。
発電所 火力、水力、原子力などの発電所は、災害に強いことが必須条件です。設備の計画から設計、施工までを土木が担っています。
港湾 陸と海をつなぐ工事は、土木が請け負います。港湾構造物を腐食から守る技術や復旧工事なども含まれます。
公園 子どもから高齢者まで安心して利用できるよう整備計画を立てます。自然と調和した公園の設計も求められています。

ページトップへ戻る